Green Land Naeba – Japan 2020/9/19-22

日本との特別なつながりPSYCHEDELIC INSPIRATION

PSYCHEDELIC INSPIRATION
The Special Connection with Japan

サイケデリック・インスピレーション
日本との特別なつながり

 

本日のアップデートは、今年SUNSHINE FESTIVAL 初出演のDJ Rinkadink(リンカディンク) についてご紹介します。
 
Rinkadinkは、南アフリカ・ケープタウン出身の音楽プロデューサー、ヴェルナー・ファン・ジャール・スフェルト氏。特にパーティ歴の長い人々にとっては、2000年代のフライヤーなどでも彼の名前を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?
 
それもそのはず、彼は10代の頃からDJ・音楽制作活動を続ける超ベテランであり過去に日本でトランスムーブメントが起きた頃に初来日を果たしていたアーティストの一人なのです。さらには現在、ご家族と共に日本に住んでいるとのこと!
 
世界トップランクのDJが、いまこの様な世界情勢の中で私たちとともに有ること。そこには単なる偶然ではない特別なご縁を感じています。
 
「北から南まで、都市部も自然もどこも美しい!」と日本をこよなく愛する彼に気になるアレコレをインタビューしてみました!
 
Q1. どのような経緯で日本に住むようになったのですか? また、日本に来る前はどこに住んでいましたか?
 
日本に来る前は、しばらくスペインに住んでいました。素晴らしい生活を送っていたし、親しい友人にも恵まれていたけど、そろそろ景色を変える時期だと感じていました。日本語の学習はあまり進んでいないのだけれど、新しい言語を学ぶ過程は非常に健康的だと感じています。
 
Q2. SUNSHINE FESTIVALとの出会いについてお聞かせください。
 
SUNSHINE FESTIVALには行ったことがありませんが、去年My Little Sunshine(SUNSHINE FESTIVAL 主催のプライベートパーティ)に出演しました。そこでたくさんの面白い人たちと出会い、とても楽しい時間を過ごせたのが最初の出会いですね。
 
Q3. 日本のサイトランス・シーンについてどう思われますか?
 
私が初めて日本でプレイしたのは2002年でしたが、その時に出会ったシーンは今とは全く違っていました。驚くほど活気があり、急激に成長しているように見えました。しかし、政府や他派閥との緊張関係により、最終的に日本のすべてのダンスミュージックが停止してしまったし、シーンはまだそこから回復していません。
 
Q4. あなたの ”サイケデリック観” について教えてください。
 
サイケデリックはこれまでの人類の進化に極めて重要な役割を果たしてきたと考えています。言葉や文化、精神性を発展させ、私たちが芸術や音楽などの創造をしている時の心の状態を視覚化し、体験する手助けをしてきました。サイケデリックは有史以来、人類の生活の一部であったにもかかわらず、近現代社会がそれを抑圧し、悪者扱いしていることに私は憤慨しています。
 
私たちが再び古代から続くサイケデリック史を受け入れることができるようになったとき、同時に現代のあらゆる技術的、哲学的発展に助けられて未来に向かって進むことができるでしょう。その時、私たちは人類社会の次の偉大な時代を経験する準備ができているのかもしれません。
 
私は世界的なサイケデリック・ムーブメントの一員であることに大変感謝しています。なぜならそれは、単なるダンスミュージックやエンターティンメントの域を超えて、人類の生活や文化の様々な分野にまで影響を及ぼしているからです。
 
Q5. SUNSHINE FESTIVALのファンに一言お願いします !
 
9月にフェスティバルでお会いしましょう!素敵な集まりになるでしょうし、このような平和で活気のある方法で皆が集まれることを嬉しく思っています!
 
 
世界の舞台でサイトランスシーン及びカルチャーを真摯に捉えている彼の姿勢から、私たちもたくさんのインスピレーションを受け取ることができるでしょう。
 
9月のSUNSHINE FESTIVAL本編をお楽しみに!
 
Rinkadink FBファンページ
https://www.facebook.com/rinkadink.net
 
Soundcloud
https://soundcloud.com/rinkadink
 
Instagram
@rinkadink_unofficial
 
愛と感謝を込めて
SUNSHINE FESTIVAL実行委員会
 
 
Short Interview with Rinkadink!
 
Rinkadink will be on the Sunshine roster for first time and we were able to interview him so check it out!
 
Born in Cape Town, South Africa, Werner Vana van Jaarsveld, aka Rinkadink, started producing tracks from 2002 and released his first album ‘Rabbits from Darkside’ in 2004. Since then, he has performed all around the world at most mammoth festivals. You name it, he’s been there.

Japan started to host trance parties in the 2000’s, and guess what, he was one of the pioneer foreign artists to play here, as well. He was based in England and then in Spain, but decided to move to Japan with his family in 2019.
“I like both Japanese nature and cities. It’s all very beautiful for me whether it’s in the north, central, or south.”
With the current state of pandemic, it’s very difficult to invite artists to come to Japan. How fortunate that the top-ranking trance artist is here with us in Japan. We feel blessed and grateful for this special opportunity to have Rinkadink. Thank you Vana!
 
Q1. How did you come to live in Japan? and Where did you live before coming to Japan?
 
Before Japan we lived in Spain for awhile, We had a great lifestyle and close friends who we miss terribly but felt that it was time for a change of scenery. Even though I have not made much progress learning Japanese i feel that the process of learning a new language is extremely healthy.
 
Q2. Please tell us about your first encounter with the SUNSHINE FESTIVAL ?
 
I’ve never been to SUNSHINE FESTIVAL before but I played at Shan-Shan last year and met many interesting people and had a great time.
 
Q3. What do you think or feel of the Japanese psytrance scene ?
 
The first time i came to play in japan was 2002 and the scene that i encountered was very different to what it is today, it was incredibly vital and seemed to be growing exponentially, but tensions between the government and other factions ultimately resulted in the cessation of all dance-music in japan that the scene has yet to recover from.
 
Q4. What is your view of psychedelics ?
 
I believe that psychedelics were pivotal to mankind’s evolution. From the development of language, culture and spirituality to helping us visualise and experience states of mind that allowed us to begin creating things like art and music.
It upsets me how modern society has repressed and demonized psychedelics, seeing as they have been part of our lives since the dawn of time.
When we will again be able to embrace our ancient psychedelic history while at the same time moving forward into the future aided by all the technological, philosophical developments of modernity, maybe we will be ready to experience the next great age of human society.
I am immensely grateful to be a part of the global psychedelic movement because it extends far beyond just dance music or entertainment into many areas of human life and culture.
 
Q5. Please leave a word to fans of sunshine !
 
See you at the festival! It’s going to be a wonderful gathering and I am happy that we can all come together in such a peaceful, exuberant way.

Come and experience Vana’s psychedelic world at SUNSHINE FESTIVAL 2021.
Stay tuned for more updates!
 
Rinkadink FBファンページ
https://www.facebook.com/rinkadink.net
 
Soundcloud
https://soundcloud.com/rinkadink
 
Instagram
@rinkadink_unofficial
 
With love and gratitude,
Sunshine Committee
 
 
=================
Tickets
https://sunshinefestival2021.peatix.com/view

INFORMATION

BUY TICKET